地方で頑張る人これから移住する人のオンライン村「田舎チャレンジャーラボ」申込受付中!

ニワトリ社会から学ぶいじめの対処法

📘生き方・考え方

6羽だった最初は仲良しだったニワトリたちが、13羽に増えたのですが途端にえげつないイジメが始まった。ちょっと行動がおかしかったり、他の子と違っていたり、体格が劣る子がイジメに遭うようになったのだ。そばで見ていてハラハラするレベルにまで…。

集団でちょっと異質なものを無視したり、攻撃したりするのは、あたかも人間のコミュニティを見ているようでなんだかとてもやるせ無い気持ちになりました。

これがやはり生物なのか…とも。とはいえただ見ているだけではイジメを受けている子がかわいそう。どうすれば解決するのか、色々試してみました。

解決策1:時間が解決するのではないか、と待ってみる。これは全然ダメ。むしろ時間が経つほど悪化する。

解決策2:広い場所に移動する。これもダメ。結局顔を合わせるとダメ。

解決策3:外圧を入れる。他の群れに合流させて「敵の敵は味方」理論で解決するか…これも結局ダメ。どれもその場しのぎにしかなりません。

色々やって万事休すか…と思ってふと気づいた「そもそも違う場所で飼えばいいのだ」と。相性の良し悪しは誰にでもある。同じ空間にいなければ良い。そうしたらすぐ解決して、いじめられていた子も元気一杯、その子の個性を出し始めた。

シンプルだけど、人間社会でもあまりこの方法は取られない。

ひとつ教訓になったのが「いちばん強いヤツは弱い者イジメをしない」ということ。群の中で中途半端な強さのヤツが異質な者を攻撃するのだ。これははっきりわかった。よし、そんなの無視していいぞ、と思えてくる。これは人間社会でも同じだ。人をいじめるやつに「強いヤツ」はいない。器もお猪口の裏だ。

「異質な者を攻撃するヤツからは一刻も早く離れて、自分らしく生きられる場所に移動する」これはイジメに屈した訳ではない。器の小さな生物から離れ自分らしさを取り戻すことが自分の器を大きくするのだと思う。そして、自分に合う場所は必ずある。中途半端に関係を保とうとしてはいけない。即離れよう。

音声で「ながら聞き」もできます

さかえる

さかえる

サラダで食べてほしい #沖家室ひじき 生産者。脱サラ地方移住して田舎で起業。 詳しいプロフィールは https://www.sakaeru.online/

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

収穫から商品化まで全部やってます

さかえる

さかえる

銀行辞めて田舎で収入の柱を複数持って“合わせ技”で生きてる33歳。限界集落で島暮らしを楽しみながら、ひじき漁や畑からWeb・動画・講演までこなす現代の「百姓」です。沖家室ひじき生産・加工・情報発信及びカスタマーサポート担当。

おすすめWordpressテーマ

ポートフォリオや通販サイトを作るなら

人気記事ランキング

  1. 1

    ニワトリ社会から学ぶいじめの対処法

  2. 2

    「月の土地の権利」は詐欺?権利は保全されるのか真面目に権利関係を詰めてみた

  3. 3

    【2021年最新版】周防大島町のおすすめランチまとめ/デートや観光で行きたいお店から穴場まで

  4. 4

    「過疎地に賑わい」ちょっと一旦冷静になって考えることも必要だよね、という話

  5. 5

    【Instagram】周防大島観光にオススメの絶景インスタ映えスポット|デートや女子旅に!

  6. 6

    小売店の売上高は「面積あたり」で考えるべし!売上アップに繋がる分析方法とは

  7. 7

    【2022年最新版】周防大島のオススメお土産・特産品まとめ

  8. 8

    70〜80歳代のインフルエンサーに学ぶ情報発信の極意

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
TOP