車通勤中でも耳で勉強する時代!「ながら読書」をAmazonオーディブルで無料体験しよう【CHECK】

ビットコインだけじゃない。今話題!仮想通貨投資のはじめかた

仮想通貨投資は今が旬

「仮想通貨」「ビットコイン」と聞いてあなたは何を思うでしょうか。

  • 値動きが激しい
  • 資産の裏付がないバブル
  • 初心者が手を出すには到底及ばない

…確かに値動きが激しく、資産の裏付けが一見ないようにも見えるので、一部の有識者からは「バブル」というレッテルを貼られてしまっている側面もあります。

一方で、投資に必要な資金は株(最低でも数十万を要する)とは異なり、数千円〜という手軽さが魅力的な商品でもあります。筆者としては、「迷っているくらいなら宝くじを購入したつもりでまず3千円購入してみるのがよいのでは?」と思っています。

いくら「勉強したつもり」「考えて見たつもり」になっても、一歩踏み出さなければ何も生み出せません。前に進むとき、歩き出すとき、まず私たちが行うことは、「バランスを崩す」ことです。皆様がバランスを崩して、前に進む支援ができれば嬉しいです。

仮想通貨とは?

日本円やUSDなどの法定通貨に対し、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。仮想通貨とは、暗号を使用した「交換するための媒体」で、オンラインサービス上で経済活動を行うことが可能な貨幣価値を持つ物体のない”仮想”の通貨です。暗号通貨の一種であり、デジタル通貨とも言われます。

※「ビットコイン」は、仮想通貨の一種であり、仮想通貨は他にも沢山種類があります。ビットコインの上位互換のような通貨も多数生まれています。

第一歩を踏み出すには?

 …まずは取引所から口座を開設しましょう。

仮想通貨の第一歩は「コインチェック」と「ビットフライヤー」

コインチェック」おすすめポイント

出川のCMでおなじみのコインチェック。私も仮想通貨デビューはこの取引所からでしたし、今でもいくつかの通貨はこの取引所で購入・売却しています。

(注)2018年1月26日に史上最大規模の仮想通貨盗難事件があり、今後の状況はよく確認したうえで取引を行うようにして下さい。私自身は、問題がないことが確認され次第、以下の理由から取引を再開しようと思っています。

  • iPhoneアプリの圧倒的な「操作性」と「見やすさ」
  • 買える通貨数が国内取引所で一番多い
  • 機動的に取引ができる

ビットフライヤー」おすすめポイント

ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、等々、ビットコインがハードフォークした際にいち早く対応することを表明したことから口座開設。

  • 国内の仮想通貨取引所の先駆け。資本金額も大きく信用力が高い
  • 国産仮想通貨モナーコインを買うことができる。
  • ハードフォークした通貨にも国内取引所で唯一対応

「zaif」は、国産モナーコインを安く入手可能。

zaifおすすめポイント

コインチェックやビットフライヤーで取引に慣れた方は、zaifをお勧めします。コインチェックとビットフライヤーは、いつでも好きなときに好きなだけの量を仮想通貨を換えることができる一方、「スプレッド」という手数料を取られます。

zaifの場合「板取引」といって、自分の欲しい価格、売りたい価格で「指値」ができることが最大の魅力でしょうか。また、zaifでは積み立て投資が可能です。価格が大きく動きがちな仮想通貨マーケットですが、時期を分散させることで、より長いスパンで運用していくことが可能になります。

  • 国産仮想通貨「モナーコイン」が購入可能
  • 板取引のため、スプレッドが抜かれずに取引可能
  • 多様なトークンが取引可能
  • 積み立て投資ができる
  • 金融庁登録業者

唯一デメリットがあるとするならば、アプリが使いづらいことくらいでしょうか。zaifはアプリではなく、WEBブラウザ版にてご利用されることをお勧めします。

海外取引所は、圧倒的な銘柄数を誇る「Binance」と「Kucoin」

海外取引所は、とにかく「圧倒的に購入できる銘柄数が多い」というメリットがあります。日本の取扱所で通貨を上場させるには、金融庁にいちいちお伺いを立てなければならないので、非常に非効率かつスピード感がなくなってしまうのです

初めての海外取引所デビューは、「Binance」がオススメ

  • 2017年12月にBITTREXを超えて世界1位の取引高を記録。世界最大の取引所。
  • サイトが日本語訳にも対応
  • 取り扱い通貨がとにかく豊富
  • 手数料がとにかく安い
  • ユーザーの人気投票で新規上場銘柄を選定

KuCoin」はBinanceと同様、マイナーなコインが多数上場

一方、海外の取引所は銘柄数が多いのですが、海外の規制を受けることがしばしばあり、最悪閉鎖することもあります。

中国ですと政府の規制リスクがあるので心配です。一方Binance、KuCoin共に香港資本の会社が運営しており、私も数十万円投資している先ですので問題ないと思いたいですが、国内の取引所以上にリスク管理の意識を持ちながら投資をするのが良いと思います。