車通勤中でも耳で勉強する時代!「ながら読書」をAmazonオーディブルで無料体験しよう【CHECK】

ロボアドバイザーに全部お任せで良いの?FOLIOで自分の応援したいテーマに投資をしながら資産形成

金融業界における10年ぶりの快挙!

皆さんは鬼のように規制が厳しい(箸の上げ下げまで金融庁に管理されると言われている)金融業界において、超新星が誕生したのをご存知でしょうか。その名もFOLIO(フォリオ)

投資初心者でも、私は「この分野・地域を応援したい!」という思いがあれば簡単に投資ができます。私自身、2017年から知人の勧めで投資を開始し、ちょうど株価が一気に上がったときに買ってしまったため一時元本割れしたものの、50万円の資金が2018年1月時点では60万円近くまで伸びています。

日本にはここ10年間、新しい証券会社が生まれませんでした。顧客の資産を預かる分野ですので当然とも言えますが、(投資家保護を標榜するがあまり)厳しい規制のため新規参入のハードルが著しく高いのです。

既存の投資(一般的な投資信託)は何故初心者のハードルが高いか

ひと言でいうと「手触り感のなさ」が原因だと思います。加えて、投資信託は購入までのプロセスが分かりにくく、初心者に抵抗感を覚えさせてしまう気がしています。

  • 自分が何に(どこの企業、金融商品)いくら投資しているのか分かりにくい
  • 「分散」とはいえ、目論見書(投資信託の説明書)を見ても分かるのは上位10先のみ
  • しかも、上位10先が分かるとはいえ、めちゃくちゃ分散しているので中身が分からない
  • 投資までのプロセスが最初は非常に複雑に感じる

FOLIOは、「テーマで選ぶ」初心者でも取り組みやすい投資

FOLIOは、「テーマ」を選んで投資するオンライン証券です。対面販売がなくオンラインだけなので手数料も既存の証券会社と比べると非常にお得。トップページに行ってみると分かりやすいと思います。初心者でも使いやすく、「Amazonで買い物をする感覚」で投資ができます。

10万円程度からの注文と、初めて投資をする人からすると結構金額のハードルは高いように思えますが、個別株への投資が最低でも100万円程度必要とすることをふまえると、

「されど10万円」ということかなと思います。

例えば、特定の地域(出身地など)の企業群に投資ができる!

大阪、京都、東北地方、中国地方など、地域を応援するための投資が可能。

例えばこんな感じです(九州地方の例)。8万円ちょっとで購入可能。1年で何と+60%。

1年前に100万円投資していたら、160万円という事ですね。

投資する銘柄と配分も確認できます。個別企業の分析方法については、また別途解説しますが、企業のIRページを見ながら、個別企業の業績や将来性を見ながら投資テーマを選ぶことも可能ということですね。

また、その人の考え方にあったリスク配分が可能です。バランス重視、成長(グロース)重視、ディフェンス重視等。自分のライフステージやプランに合った形で投資していきましょう。

こんな感じで、選んだ商品の価格の推移も確認可能です。

その他にも、「女性活躍」から「ペット」「VR」 まで様々なテーマに投資可能

例えばこんなテーマに投資可能です。

日本株のみ&テーマで集中しているので、どちらかといえばハイリスクハイリターン

もちろん投資ですので、元本割れのリスクは常につきまといます。特にFOLIOのテーマ型投資は「日本企業の」「株」のみですので、分散は効いていません。

テーマに集中投資した分、そのテーマが将来的に伸びれば大きく値上がりしますし、失敗すればより大きなダメージを負う可能性があります。より高いリターンを求めるのであれば、より集中的に投資するのは良い事ですが、初心者の方にはやはり不安が残るのではないでしょうか。

そんなときには、FOLIOのテーマを数銘柄購入しておき、残りはWealthNaviで国際・商品分散させておく、というような方法もあります。

資産運用はまず「投資に慣れる」ことが大切!そんな時に使いたいAI投資信託「Wealth Navi」

個人的にオススメなのは、以下のような資産配分です。

  • 総資産(A)
  • 先3ヶ月間何があっても耐えられるだけの預金(B)
  • 価値がゼロになっても納得できる金額:仮想通貨(C)
  • 価値が7割〜半分になっても納得できる金額:FOLIOでテーマ型投資(D=A-B-C)
  • その他余剰資金:WealthNaviで分散を効かせてなるべく低リスクで運用(E=A-D)

若い方はご自身の人的資産や、運用期間を長くとれるのでリカバリー可能ということをふまえると、もう少しリスクの高い資産を増やしても良いとは思います。

合わせて読みたい関連記事