地方で頑張る人これから移住する人のオンライン村「田舎チャレンジャーラボ」申込受付中!

動く事務所 モバイルハウス 「さかえる号」づくり3つのこだわり

🏝地方移住

動く荷台の家「モバイルハウス 」を製作しているのですが、

特に、意識していることについて、ブログに残しておこうと思います。

 

こちらは2018年にワークショップで製作したモバイルハウス

1年越しで実現させている、自作のモバイルハウス

❶ 「廃材」を使うこと


人が減り、モノが余る世の中になることは間違いない。

「捨てられるもの」でもう一度価値を生み出すことにこだわっています。

❷「もらいもの」と「借り物」で人の縁をつなぐこと


お金を積めば簡単にできるかもしれない、数日でできるかもしれないことでも

「廃材をもらうこと」

「工具や作業場所を借りること」で、

コンセプトの説明や、作業の意図などをきちんと話すことになる。

モバイルハウス を介した人とのつながりをデザインすることに、こだわっています。

❸「共に、作る」こと

 

「既製品を買う」のではない分、いくらでもカスタマイズできる。

言い換えればいつまでも完成しない。

「関わる人の色」がいつでも反映させることができる「動く、変化する憩いの場所」になる。そんなこだわりも持っています。

ワークショップもやってます

と、こんなことを考えて製作しています!一緒に作業してくださる方、募集中です。半日でも、1時間でもOKです。ご連絡お待ちしています。

[kanren id=”4071″]

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

収穫から商品化まで全部やってます

さかえる

さかえる

銀行辞めて田舎で収入の柱を複数持って“合わせ技”で生きてる33歳。限界集落で島暮らしを楽しみながら、ひじき漁や畑からWeb・動画・講演までこなす現代の「百姓」です。沖家室ひじき生産・加工・情報発信及びカスタマーサポート担当。

おすすめWordpressテーマ

ポートフォリオや通販サイトを作るなら

人気記事ランキング

  1. 1

    月の土地の価格が高騰するかもしれない?可能性を真面目に考えてみました

  2. 2

    「月の土地の権利」は詐欺?権利は保全されるのか真面目に権利関係を詰めてみた

  3. 3

    小売店の売上高は「面積あたり」で考えるべし!売上アップに繋がる分析方法とは

  4. 4

    【古民家DIY】古い畳の再利用方法。果物畑に敷くメリットとデメリット

  5. 5

    【OBS Virtual Camera】MacでOBSの映像をZoomやDiscord、Google meetなどのビデオ会議で配信する方法

  6. 6

    島という「不便な場所」にわざわざ住んでいる理由

  7. 7

    「なんだか調子が出ない」「思うような成果が出せない」ときに試すべきこと

  8. 8

    【Twitter】ツイッターの「ツイート数」にはRTやリプライは含まれるのか?

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
TOP