車通勤中でも耳で勉強する時代!「ながら読書」をAmazonオーディブルで無料体験しよう【CHECK】

災害時こそ病気にならないために口腔ケアを意識しよう。歯みがきができない断水中や避難所でも使える便利グッズを紹介するよ

ついつい歯みがきを我慢してしまう断水中や避難所での生活。

実は30mlの水でも歯みがきはできるのですが、心理的になかなか水を使いづらい中で、断水時には歯みがきを省略してしまうケースが多いのです。

しかしながら、断水時に歯みがきを怠ると虫歯の危険性が上がるだけでなく、病気になりやすいというリスクが高まります。

特にお年寄りやお子さんは免疫力が低いため病気にかかりやすい状態にあります。断水中でも口腔ケアを怠らないためどうすれば良いのか、また断水時の口腔ケアに便利なグッズを紹介します。

選択肢1 「うがい」をしっかりする

うがい水が少しでも確保できるのならば、言わずとしれた「イソジン」が効果的です。

イソジンの匂いや味が苦手な人にはこちらもオススメ。

うがいの水が全く確保できない場合は、また別の方法を考える必要があります

選択肢2 歯みがきティッシュを使う

歯みがきティッシュを使えば、全く水が使えない時でも問題ありません。

かの有名な「ゲキ落ちくん」の歯みがきティッシュも。

選択肢3 歯みがきガムを噛む

歯みがきガムを噛むだけでも、口内の環境は改善します。

歯みがきガムを用意できない場合は、普通のガムを噛むだけでも唾液が分泌されるので、何もしないよりは効果があります。

断水時や避難所でもマウスウォッシュや専用のサプリメントは効果的

新習慣の噛むサプリ【MASTIC WHITE(マスティックホワイト)】 や、新感覚マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」 などといった専用のグッズを普段からしようしておくことも、水が使えない環境になったときに手助けになるでしょう。

水を使う歯みがき以外の口腔ケアを日頃からしておくことで、いざ避難所生活や断水状態になったときのリスクヘッジができるというわけです。