地方で頑張る人これから移住する人のオンライン村「田舎チャレンジャーラボ」申込受付中!

災難は、畳み掛けるのが世の常。

📘生き方・考え方

ONE PIECEの剣士ロロノア・ゾロが「言い訳したらどなたか助けてくれんのか?」と自分に言い放った姿がカッコよくて今でも時々思い出す。災難は、自分がもはやどれほど対策をしていても襲ってくることがある。けれど、それで一発ノックアウトになっちゃダメ。

怪我や病気はどれだけ気をつけていても襲いかかってくることはある。どんな商売をしていようが、非情なまでの外部環境の変化はあり得る。だからこそ「災難が訪れる前提」で、備える必要があるのだ。「不幸中の幸い」は備えていたものにしかつかめない。

例えば数日前に、自衛隊の船が近くの海で座礁した。

幸い海や磯への影響はなかったが、石油タンカーなどが大破していたらどうなっていたことか…。でもこういったことも起こりうることだ。あれだけ苦労して開拓した畑も、土砂災害で一瞬でパァになる可能性だってある。だから備えなければならない。

そして、古釘を思いっきり踏み抜いた。幸い痛みもなくなってきた。でも、歩けなくなっていたかもしれない。足や腕がなくなるかもしれない、寝たきりになるかもしれない。でも、だからこそ備えなければならない。大切な人を守り、幸せに生きていくためには、時に起きる災難を乗り越えていかねばならぬのだ。

一つのことがうまくいったからといって、新しい取組に着手することをやめてはいけないし、学び続けることをやめてはいけない。日々スキルアップをし、新たな技術を身につけ、人との関係を大切にしていく。その積み重ねをどれだけできたか、やっていけるか。終わりなき研鑽である。

例えば現在さかえるは、土地に紐づく海の事業と山の事業、土地に紐付かないオンライン事業の2軸がある。また、そのうち自分自身が常に稼働しなければならないものと、怪我をしても対応可能なものとがある。それぞれに関係性をもたせつつも、どれか一つが倒れても全部が倒れないように一つ一つをじっくり育てている。

古来より「卵はひとつのカゴに盛るな」と言われている通り「一発で退場」を避けるためにできることは想像以上に多い。人生も、働き方も「AがダメでもBがある。BがダメでもCがある」という二の矢三の矢を用意しておきたい。倒れかけても立ち上がればまた戦える。災難のあとに起き上がる筋力をつけよう。

毎週、さかえるからの情報まとめが届きます

友だち追加

リクエストやご感想も、こちらからお寄せいただけると励みになります!

毎日更新。音声配信で「ながら聞き」もオススメ!

さかえる

さかえる

サラダで食べてほしい #沖家室ひじき 生産者。脱サラ地方移住して田舎で起業。 詳しいプロフィールは https://www.sakaeru.online/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

収穫から商品化まで全部やってます

さかえる

さかえる

銀行辞めて田舎で収入の柱を複数持って“合わせ技”で生きてる33歳。限界集落で島暮らしを楽しみながら、ひじき漁や畑からWeb・動画・講演までこなす現代の「百姓」です。沖家室ひじき生産・加工・情報発信及びカスタマーサポート担当。

おすすめWordpressテーマ

ポートフォリオや通販サイトを作るなら

人気記事ランキング

  1. 1

    「月の土地の権利」は詐欺?権利は保全されるのか真面目に権利関係を詰めてみた

  2. 2

    「休み方」を変えれば生き方や働き方を変えるヒントが手に入る、という話。

  3. 3

    小売店の売上高は「面積あたり」で考えるべし!売上アップに繋がる分析方法とは

  4. 4

    「なんだか調子が出ない」「思うような成果が出せない」ときに試すべきこと

  5. 5

    月の土地の価格が高騰するかもしれない?可能性を真面目に考えてみました

  6. 6

    【古民家DIY】古い畳の再利用方法。果物畑に敷くメリットとデメリット

  7. 7

    【2021年最新版】周防大島町のおすすめランチまとめ/デートや観光で行きたいお店から穴場まで

  8. 8

    【Discord】ビデオ通話ができない時の対処法

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
TOP