クリスマスプレゼントもう買った?Amazonで今年最後のビッグセールをチェックしよう【CHECK】

これをやればお金に強くなる?さかえるも実践!投資家が確認したいデータまとめ

サラリーマンが毎日、新聞をチェックするように、

資産運用をやっている個人投資家も「毎日」あるいは「毎週」市場のデータがどうなっているか、確認します。何らかの動きがあればそれを分析しますし、その分析に基づいて次の動きを決めるのです。

投資家のみならず、お金の流れや経済の状況を日々追っておくことで、次のアクションが動きやすくなるかもしれません。

投資家のさかえるが毎日確認するサイトと、毎週確認するサイトを紹介

確認するデータは以下のような内容です。何かおかしい動きがあれば、関連したニュースがないかチェックします。

1週間のマーケットレポートはSBI証券の「週間マーケットレポート」が詳しくいため、愛読しています。

日本経済新聞のチェックも不可欠。楽天証券に口座を開いていれば、日経新聞が無料で読める

年利30%という驚異的な利回りを叩き出しているスーパー投資家のなおころさんの記事によれば、楽天証券に口座を開設しておけば、日経新聞が無料で読める「日経テレコン21」のサービスが受けられます。

毎月4,200円の情報が無料で読めるので、楽天証券は口座を持っておきたい証券会社ですね。

>>楽天証券に口座を開くだけで約6万円分の情報が手に入る件

楽天証券はそのほかにも「Market Speed」という分析ツールも使いやすいのでオススメです。

定期的に雑誌もチェックしたい。楽天マガジンなら「ダイヤモンド」「東洋経済」「PRESIDENT」「エコノミスト」が380円で読み放題

新聞だけではなく、雑誌の情報もあなどれません。ホットなトピックが新聞よりも細かく特集されていたりするので、私は必ず経済系の雑誌には全て目を通すようにしています。

今の時代の流れがわかるので、投資家だけではなく、サラリーマン、主婦の方、ブロガーさんにもオススメです。楽天マガジン、これだけの経済誌が読めてなんと月額380円。

380円、下手すると喫茶店でコーヒー飲んだらそのくらいかかってしまうと思うのですが、コーヒー1杯分のお金でこれだけの情報が手に入れば御の字ではないでしょうか。

>>月額380円で雑誌が読み放題の楽天マガジンを使ってみる

書店やAmazonでどれか雑誌1冊でも買っている人がいたら、今すぐこのサービスを使うことをオススメします。もちろん経済系の雑誌だけではなく、趣味系のラインナップも揃っています。



おまけに女性向けファッション誌なども。夫婦で使えば一石二鳥。

もはや使わない手はないのでは…。

今なら1ヶ月無料キャンペーン中なので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか?

>>月額380円で雑誌が読み放題の楽天マガジンを使ってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です