脱サラ地方移住したブログ管理人プロフィール

【OBS Virtual Camera】MacでOBSの映像をZoomやDiscord、Google meetなどのビデオ会議で配信する方法

ライブ配信アプリOBS(Open Broadcaster Software)を活用して、ZoomやGoogle Meet、LINE、Messenerなどにテレビ画面のような映像を直接配信できるMac用のプラグインOBS Virtual Cameraが遂にリリースされました!

コレを活用すれば、Macでも簡単にビデオ通話画面で…

  • 資料共有をしながらワイプで人物を映し出す
  • 外部カメラの映像と、インカメの映像を2カメ画面に映し出す
  • 動画や音楽を流す

…といったことが簡単に実現します!

iPhoneにEpocCamなどのアプリを導入して、Webカメラとして活用すれば

3画面配信、4画面配信を行うことも可能です。

 

手順はざっくり

  1. OBS Virtual Cameraのpkgファイルをダウンロード&インストール
  2. ビデオ配信アプリで配信用カメラ設定を【FaceTime HDカメラ(デフォルト)】→【OBS Virtual Camera Device】に変更
  3. OBS>「ツール」>「Start Virtual Camera」 をクリック

の3工程で終わります!

 

>>ライブ配信アプリOBS Studioに仮想カメラを作り出し、ZoomやGoogle Meetなどに映像を直接配信できるOBSプラグイン「OBS (macOS) Virtual Camera」がリリース。

を読みつつ実際にやってみながらつまづいたところなど、

パソコン画面のスクリーンショット で解説しています。

OBS Virtual Cameraの準備(pkgファイルをダウンロードしよう)

【STEP1】公式サイトからMacOS版のOBSをダウンロード

OBS公式サイト

【STEP2】OBS Virtual Cameraのpkgファイルをダウンロード

pkgファイルのダウンロードページ

【参考】OBS Virtual Cameraの開発ページからpkgファイルダウンロードページに行くには「Releases page」をチェック

「nstaller-macOS.pkgproj.in」「.mdファイル」に悩んでいた人に朗報!「Clone or download」ボタンを押さずに「releases page」を探せ

 

※【STEP2】でpkgファイルがダウンロードできた人は読み飛ばしてください

開発ページ内にある「Releases page」をチェックすると、

ダウンロードページに行くことができます。

【STEP3】OBS Virtual Cameraのpkgファイルをクリックしてインストール

【STEP4】一旦PCを再起動(再起動しないとVirtual Cameraが起動しないことも)

OBSで「Start Virtual Camera」が表示されたら設定完了!

ビデオ通話アプリでOBS Virtual Cameraを設定する

ZoomでOBS Virtual Cameraを設定する

【STEP1】Zoomを開いて、右上の歯車マークをクリック

【STEP2】 ビデオ>カメラ>FaceTime HDカメラ(デフォルト)→OBS Virtual Camera Deviceに変更

ZoomでOBS Virtual Cameraを設定する

【参考】Zoomの配信画面でOBS Virtual Camera Deviceを設定するには

「ビデオ」横にある「^」をクリックし、カメラを選択

Discordのビデオ通話でOBS Virtual Cameraを設定する

【STEP1】歯車マークをクリックして個人設定へ

【STEP2】アプリの設定>音声・ビデオ>ビデオのテスト

【参考】OBS Virtual Cameraが表示されない時は

試しにブラウザ版のDiscordからアクセスしてみましょう。

Google MeetでOBS Virtual Cameraを設定する

設定>動画>カメラにて設定

【Zoom、Google Meet、Discord】ビデオ通話で動画や音楽を流したい場合はOBSの「メディアソース」を活用せよ

OBSで「ソース」>「+」>「OK」>流したい動画や音楽ファイルを選択

 

【トラブル事例】OBS Virtual Cameraがうまく反映されない

砂嵐のような画面が表示される時は「OBSの出力設定変更」して再起動

【画面で解説】この通りに設定してみよう(出力が重いだけかもしれません)