【副業禁止】でも諦めてはいけない6つの理由と対処方法を解説します

💼仕事・キャリア

そもそも副業は国として「原則OK」

本業でも活かせる、という理論武装を

例えば、ブログやSNSであれば、Webマーケティングの知識だけでなく、

コピーライティングの練習にもなります。

 

仮に副業がバレたとしても「本業に活かせる点」をいつも意識しておくことで

副業が認めてもらえるかもしれません。

と、形式的なところでは「理論武装」が大切ですが、

 

本質的な点でも、

「自分で事業を営む」ということは「まず全てを自分でやる」ということなので、

ものすごく良い経験になるのです。

家業の手伝い、という理屈づけもできる

例えば、あなたの実家が農家の場合。

繁忙期に手伝いに帰ったとします。

農作業の手伝いをしてもらったお茶代(現金)は、何か会社として問題になるのでしょうか。

整理の方法としては、この手の話もうまく使えるのではないかと。

顔出ししなくてもできるものは多くある【SNSもできる】

副業をやりたいけど、バレるのがとにかく怖い、という人が多いですが

そもそも顔出しなどせずとも仕事をすることは可能です。

パソコン一台で稼げるいま、不安要素は最小限に押さえながら活動したい人は

どうすれば、自分のやりたいことが不安なくできるか考え、調べ、実行してみましょう。

住民税「普通徴収」にしておけばバレない

配偶者の事業を手伝っているという建て付けも

例えば、奥さんが会社をやっているとして、

その事業をあなたが手伝っている。あくまで収入は奥さんの口座に入ってくる。

これはどうでしょう。あなたには一銭もお金は入ってきていません。

他にもいろんな抜け道はあるよ

ノウハウや考え方次第で、いくらでも道は開けますよ。

 

健闘を祈ります…!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP