クリスマスプレゼントもう買った?Amazonで今年最後のビッグセールをチェックしよう【CHECK】

周防大島大橋に衝突した貨物船・ドイツのオルデンドルフから周防大島は損害賠償を取れるのか?

>>「冊子分厚く手間取った」貨物船の橋衝突、高さ確認せず

山口県周防大島周防大島町)と柳井市を結ぶ大島大橋に貨物船が衝突した事故は、船体が橋の高さを上回っていたのに、船が通ろうとして起きた。船長らは橋の高さを事前に確認していなかったという。

海保によると、大島大橋の海面からの高さは干潮時で約33メートル。貨物船「エルナ・オルデンドルフ」(2万5431トン)の最も高いマスト部分は約40メートルあった。

…おいおい冗談でしょう?と。事前に通るルートの橋の高さを確認しないなんて、明確な重過失ですよね。

船長は衝突の約30分前に橋に気づき、2等航海士に橋の高さを調べるよう指示。だが、橋の高さや水深などが記された冊子が分厚く手間取った。その間、操舵(そうだ)していた甲板手は減速や進路変更をしなかった。

現場海域に詳しい大島商船高専の中村泰裕准教授(船舶安全学)によると、一帯は航路が狭くて潮流が速く、大型船は避けることが多い。「事前に橋の高さを調べるのは基本的なことで、理解しがたい。橋に気づいた時点で止まるべきだった」と話した。

船主責任制限法によれば、故意または重過失の場合は損害賠償の範囲を制限できないことになっているため、そのようにことが進むよう祈るばかりです。過去の判例を図書館の「判例データベース」で調査したのですが損害賠償の範囲を制限しなかった事例は未だ見つからず…。どなたかご存知の方がいらっしゃればぜひご一報くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です