地方で頑張る人これから移住する人のオンライン村「田舎チャレンジャーラボ」申込受付中!

周防大島の橋に衝突した貨物船を所有するドイツの海運会社「オルデンドルフ(Oldendorff)」の対応があまりに酷い!これが世界トップクラスの海運企業がすることか?

(2)周防大島について

500万円のお見舞金。ドイツの人が個人的に出してるの?え、会社?しかも世界でトップクラスの企業らしい

ドイツの船会社オルデンドルフ(Oldendorff)についてサクッと解説

500万円しか出さないのか…と思って調べてみたら超世界的企業でした。

詳細は商船三井の「マーケットポジション」をご覧くださいませ。

オルデンドルフ(Oldendorff)は世界最大級の海運企業!船隊規模はなんと世界で4位

COSCO、日本郵船、商船三井に次ぐ規模を誇る企業ということですね…。

オルデンドルフ(Oldendorff)はドライバルク(ばら積み)船では「世界一」のトップ企業!

ドライバルク船とは、要するに「貨物船」のこと。

まさかの世界のトップ企業でした。

 

いやはや、これホントにありえないですよね…。

 

500万円って金額がまたナメてます。コケにされたもんですわ。

中小企業どころか、個人でも出せる金額。

町民1人あたり500万円の間違いじゃなかろうか…。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

収穫から商品化まで全部やってます

さかえる

さかえる

銀行辞めて田舎で収入の柱を複数持って“合わせ技”で生きてる32歳。限界集落で島暮らしを楽しみながら、ひじき漁や畑からWeb・動画・講演までこなす現代の「百姓」です。沖家室ひじき生産・加工・情報発信及びカスタマーサポート担当。

おすすめWordpressテーマ

ポートフォリオや通販サイトを作るなら

人気記事ランキング

  1. 1

    「月の土地の権利」は詐欺?権利は保全されるのか真面目に権利関係を詰めてみた

  2. 2

    【OBS Virtual Camera】MacでOBSの映像をZoomやDiscord、Google meetなどのビデオ会議で配信する方法

  3. 3

    小売店の売上高は「面積あたり」で考えるべし!売上アップに繋がる分析方法とは

  4. 4

    【Instagram】周防大島観光にオススメのインスタ映えスポット|デートや女子旅に!

  5. 5

    【2021年最新版】山口県周防大島町のおすすめランチまとめ/デートや観光で行きたいお店から穴場まで

  6. 6

    情報の質はフィナンシャル・タイムズ(FT)の方が上!なかなか解約できないウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の解約方法

  7. 7

    【Twitter】ツイッターの「ツイート数」にはRTやリプライは含まれるのか?

  8. 8

    月の土地の価格が高騰するかもしれない?可能性を真面目に考えてみました

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP