地方で頑張る人これから移住する人のオンライン村「田舎チャレンジャーラボ」申込受付中!

周防大島大橋に衝突した貨物船・ドイツのオルデンドルフから周防大島は損害賠償を取れるのか?

(2)周防大島について

>>「冊子分厚く手間取った」貨物船の橋衝突、高さ確認せず

山口県周防大島周防大島町)と柳井市を結ぶ大島大橋に貨物船が衝突した事故は、船体が橋の高さを上回っていたのに、船が通ろうとして起きた。船長らは橋の高さを事前に確認していなかったという。

海保によると、大島大橋の海面からの高さは干潮時で約33メートル。貨物船「エルナ・オルデンドルフ」(2万5431トン)の最も高いマスト部分は約40メートルあった。

…おいおい冗談でしょう?と。事前に通るルートの橋の高さを確認しないなんて、明確な重過失ですよね。

船長は衝突の約30分前に橋に気づき、2等航海士に橋の高さを調べるよう指示。だが、橋の高さや水深などが記された冊子が分厚く手間取った。その間、操舵(そうだ)していた甲板手は減速や進路変更をしなかった。

現場海域に詳しい大島商船高専の中村泰裕准教授(船舶安全学)によると、一帯は航路が狭くて潮流が速く、大型船は避けることが多い。「事前に橋の高さを調べるのは基本的なことで、理解しがたい。橋に気づいた時点で止まるべきだった」と話した。

船主責任制限法によれば、故意または重過失の場合は損害賠償の範囲を制限できないことになっているため、そのようにことが進むよう祈るばかりです。過去の判例を図書館の「判例データベース」で調査したのですが損害賠償の範囲を制限しなかった事例は未だ見つからず…。どなたかご存知の方がいらっしゃればぜひご一報くださいませ。

[box class=”box28″ title=”あわせて読みたい”]貨物船が橋に衝突して断水…!瀬戸内のハワイ周防大島を応援しよう。周防大島特産品の通販サイトとふるさと納税まとめ[/box]

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

収穫から商品化まで全部やってます

さかえる

さかえる

銀行辞めて田舎で収入の柱を複数持って“合わせ技”で生きてる32歳。限界集落で島暮らしを楽しみながら、ひじき漁や畑からWeb・動画・講演までこなす現代の「百姓」です。沖家室ひじき生産・加工・情報発信及びカスタマーサポート担当。

おすすめWordpressテーマ

ポートフォリオや通販サイトを作るなら

人気記事ランキング

  1. 1

    「月の土地の権利」は詐欺?権利は保全されるのか真面目に権利関係を詰めてみた

  2. 2

    小売店の売上高は「面積あたり」で考えるべし!売上アップに繋がる分析方法とは

  3. 3

    【OBS Virtual Camera】MacでOBSの映像をZoomやDiscord、Google meetなどのビデオ会議で配信する方法

  4. 4

    【2021年最新版】山口県周防大島町のおすすめランチまとめ/デートや観光で行きたいお店から穴場まで

  5. 5

    【Instagram】周防大島観光にオススメのインスタ映えスポット|デートや女子旅に!

  6. 6

    情報の質はフィナンシャル・タイムズ(FT)の方が上!なかなか解約できないウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の解約方法

  7. 7

    【口コミ・体験記/道後温泉】大和屋別荘に泊まってみたら「日本に生まれたこと」に感謝できた件

  8. 8

    【副業禁止】でも諦めてはいけない6つの理由と対処方法を解説します

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP