クリスマスプレゼントもう買った?Amazonで今年最後のビッグセールをチェックしよう【CHECK】

LINEとFOLIOが手を組んだ!LINEでサクッとテーマを選んで投資ができるようになったよ

普段使っている携帯電話のLINEアプリから投資ができるようになりました。

LINE上から手軽に資産運用できる「LINEスマート投資」開始、LINE FinancialとFOLIOがタッグ

LINE FinancialとFOLIOは10月18日、LINE上で約70のテーマに投資をできる新しいモバイル投資サービス「LINEスマート投資」の提供を開始した。

同サービスは過去にTechCrunchでも紹介しているテーマ投資型の資産運用サービス「FOLIO」を基盤としたもの。「ドローン」や「ガールズトレンド」、「VR」など厳選された約70のテーマに投資をする仕組になっていて、個別銘柄の専門的知識がない投資初心者でも自分の趣味や嗜好に合わせて投資できるのが特徴だ。

1テーマは10社で構成。1株から取引可能な単元未満株取引を導入することで、身近なテーマに対して10万円前後の金額から分散投資できる環境を整備している。テーマの売買で発生する手数料は銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜・最低手数料50円)となっていて、単元未満株取引としては業界最低水準だという(単元未満株取引を扱うネット証券大手4社と比較し、1銘柄あたりの約定代金が1万円以上の場合)。

なおLINEスマート投資はLINEほけん同様に、別のアプリを立ち上げることなくLINE上にあるLINEウォレットタブからアクセスすることができる。

FOLIOについては私が以前から注目している

「10年ぶりに日本にできた証券会社」です。

LINEでの投資についても、基本的な考え方や操作方法は同じなので、詳しくは

>>AI投資信託に全部お任せで良いの?FOLIOで自分の応援したいテーマに投資をしながら資産形成

をご覧ください。

LINEスマート投資なら「1年前に投資をはじめていた場合」について簡単にシミュレーションができますのでサクッと確認してみましょう〜!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です